こちらの続きです
・産休中ダイジェスト
・産休中ダイジェスト - 詳細1
・産休中ダイジェスト - 詳細2
 産休を頂いて早1ヵ月… その間に起きた話パート3です。


父が倒れた後、続けざまに旦那のお母様まで入院してしまいました。
急に入院が決まったので当日は旦那に任せてしまいましたが、翌日私が病院に伺った時お母様はもう元気そうにしていました。
腸閉塞だったのですが、点滴をしてもらったらみるみる具合が良くなったそうで、お母様が「これ、ただの風邪だったんじゃないかなあ」と言うくらいケロッとされてました。


06

その日、旦那がお母様に頼まれて入院の荷物を持って行ってあげたのですが、何故かどう見てもゴミ袋っぽいものに雑に詰めて持って行ったので、お母様は感謝しつつも旦那に何でこんなので持ってくるのと怒り、怒られた旦那のほうは、思いやりの気持ちで詰めた荷物も「こんなのいらない」と言われたせいでムッとしていました。
そんな二人のやり取りを見てアセアセしましたが、後で旦那に「ごめんね変なとこ見せて…」と謝られました。

というか、ゴミ袋っぽいものは家で一旦止めたのですが「別にいいよー」と言われてしまい「そうなのか…?」と思いつつそのままにしてしまいましたが、普通にみっとがないですよね…。入れ替えてあげれば良かったな。

今回お母様に何もしてあげれなくて申し訳なさすぎて、これを機に2世帯なんてどうかなと思い旦那に提案してみましたが、長考された上で拒否されました。そんな簡単なものじゃないかー。



そしていよいよ15日。
旦那は久しぶりの社会復帰でした。

 
08

~出勤日前日~

私「明日何時に起きる?」
旦那「5時!」
私「え、早い。会社8時30分からでしょ?」 
旦那「初日は何が起こるかわからないから、
いつも早く起きるんだ!」 


ニート生活が長かったのに、しっかりしているじゃないか…。
私は感心してしまいました。 

そして翌朝5時ピッタリに起床し、朝ご飯も食べ準備万端!


 
09

私「時間ばっちりだね!いってらっしゃ~い」
旦那「いってきま~す!」
 

・・・



10
 
ズコー!!

なんということでしょう。
旦那はニート生活が長すぎて「通勤ラッシュ」という概念を忘れてしまっていたのでした。
そして普通に走った場合での時間を割り出して出発してしまったのでした…。 
もうドンマイとしか言いようがないし、起こってしまったことは仕方ないから… マジで次回からは気をつけてくれ…。


そう願いつつ次の日


09

私「…今日は大丈夫だね」
旦那「うん!大丈夫!いってきま~す!」 
私「はい、いってらっ… あ、そうだ
ごめんだけど今日のお昼はお弁当買ってね~」
旦那「は~い」 


・・・



11
 
ほんとキミ
すごいな


旦那といるとたまにこういう信じられないことが起きるのですが、そういう時私は「…………ッッッ!!!!!」っていう感じになります。信じられなすぎて、色んな感情がすごい勢いで交差したりして。そう、何でそうなるの?っていう気持ちが一番大きいんですけど。

とにかくその日はまだ2日目… 覚えることも山程ある中カロリーが摂取出来ず戦えるだろうか否無理であろう!と答えを出し、弁当を作り持って行ってあげました。

そりゃあ私も少し前まで社会人でしたので、「自業自得だししょうがなくね?そういえばカバンの中にカルディで買ったショカコーラ入ってるし大丈夫じゃね!」と少々揺れましたが…。自販機で喉も潤せないそんな世の中じゃあと思いまして… 武士の情け的な。


そんな驚きの2日間でしたので、3日目もヤバイんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、意外にも何もありませんでした。
そして今日で一週間、無事に乗り切ることが出来ました。 終わり良ければ全て良し!
ということですごく長くなってしまいましたが、最近の出来事のまとめは以上になります。

旦那様!これからもお仕事頑張ってね~! 



閲覧ありがとうございました!
thx