こちらの続きです

04
ということで分娩をする予定の病院で無痛がしたいことをアピールしたところ、何やらVがあるとのことでそれを観せていただくことに。


05
DVDでも再生されるのかと思っていたら渡されたのはタブレット。
リンゴ製品しか使ったことのない私達は、そのどこ製かわからぬタブをモタモタしながら操作しようやく再生。 


06
冒頭で無痛分娩の仕組みやら何やらの説明があったのちに、早速もう実践されているママが映る。
無痛分娩はもし私自身体験出来ればレポートしたいと思っていますので、詳しい流れは今は省略します。(無痛はタイミングが悪いと処置してもらえない場合があります) 

上の図は腰のあたりに麻酔を打っているところです。

07
そして麻酔を打ってしばらくしたママさんは分娩台へ…。
先生達から痛いかどうかの質問に対し涼しいお顔で「大丈夫」と答えるママさん。
本当かな~?本当かな~!


08
実際どのくらい時間が経ったのか知らないですが、少し眺めてるとすぐ赤ちゃんが産まれます。
そして撮影してるのでママさんは最後に「無痛分娩にして良かったです」とコメント…。
なんかもう映っている画が全て穏やかすぎて温泉番組でも観ているよう。 


09
出産シーンて知らない人のやつ観てもウルッとくるタイプです。出産の幸福感はまだ味わったことのない身ですが…。 胸を打たれるものがあります。
と、ここであることに気付いたのですが


10
え、子供もう1人いる…?

あええええ? てことは今産んだの2人目でつまり経産婦さんじょあああん やだあああだからすごく落ち着いてたんだよおおおそら一回産んでるんだもの要領わかってるもんだからNHKの朝やってる自然の番組みたいな安らかな雰囲気だったんだよおおおお初産だもの絶対こんな風にいかないよおおおお

そんな風に脳内でツッコんでいたんですが、問題はもう一つあることに気付きました


 
11
こんなのどかな出産映像観て
隣に座ってる人
 どう思ったかなって

 

12
明らかに
「出産って簡単そう」
みたいな顔 


13
違う…!!!
絶対それ違うから…!!!
出産てもっと大変でネットで見たけど「立会いに来た旦那の手を握りすぎて骨折させた」とか「痛すぎて病院内に響き渡るくらい絶叫した」とか(略)そういう想像を絶する現場なんだよ、こんなもの幻だよまぼろし~~~ぁぁぁ!!!涙涙涙

と、まぁ言ってみたんですが伝わったのかどうか…。
そんなのほほん旦那ですが一応立会いしてもらいます。その時、少しでも旦那が私のこと応援してくれたら嬉しいです。



閲覧ありがとうございました!
thanks