先日、両親学級へ行ってきました。

01


何それ?という方に雑に説明致しますと、これからパパやママになるぞ~という人向けに、出産や育児のことなんかをちょちょいっと学ばせてくれるお教室のことです。
母親学級というのもありますが、そちらと違ってこちらは両親仲良く一緒にお勉強出来ますので、きっと夫婦の絆が深まること請け合い。
 
で、今回私達も「悪阻中ってこんなに大変!旦那さんは奥さんに協力してあげてね!」みたいなDVDを観たり、「赤ちゃんがどんな風に産まれてくるのか」を模型を使って見せてもらったり色々勉強になりました。
 
あとは「妊婦体験」といって、胸とお腹に重りの入ったジャケット(大体8kg)を旦那さんに着用してもらい、妊婦さんを擬似体験できる実技なんかもありました。

02

ジャケットは、妊娠して8~10ヶ月経過している後期の妊婦さんの大きさや重さです。
着用した方ならわかるかと思いますが、やはり“座ったり立ったり”の日常的な動作からもう大変ということや、“お腹が邪魔で足元が見えず危ない”、“お腹が重いため腰などに負担がかかる”など色々気付くことがあるかと思います。

03

気付いた旦那様は、妊婦体験をする前より奥様のために動いてくれることでしょう。
そして奥様も「あの体験をしてもらって良かった☆」と思うはずです。

 

04
 
もちろん私の旦那にも妊婦体験をしてもらいました。 


05

私 「どお?」
旦那 「う~ん…」 



06
 
旦那 「大丈夫!!!」 
私 「
 



なんか聞き間違えたかと思ってもう一度尋ねたんですけど
 

05

私 「…え? あ、どんな感じ?」 




 
06
 
旦那 「もう少し重くても平気!!1」
私 「  


期待した私が悪かった。


反省しつつもその格好のまま階段を上がったり、何か行動するたびに旦那に「どおです?」と懲りずに聞いてしまい、そのたびに呆然としていました。



 陣痛室や分娩室、そして新生児がたくさん並んだお部屋も見せてもらったんですが、産まれたての新生児の可愛さが言葉では表現出来ないくらいの可愛さで、妊婦体験で味わったモヤモヤがどっかにいきました(小並感)

07

人様の子なのにこの破壊力とは…?
一昨年、子犬(だいきち)を初めて飼ってみて、「コイツこの世で一番可愛いな」と思いましたが視野が狭すぎました。
赤ちゃん達は皆手がぷるぷるしていました。アクビの瞬間など見れた時には「ハッ?!ヒェッー!!!」みたいなまぁとにかく意味がわからなくなりました。

ずっと見ていたい… 永遠に見ていられる… 本当にそう思いました。
そんな気持ちを悟ったかどうか知らないけど

 
08
 
助産師さん 「身内のフリしてまた見に来ていいですよ~」 

 
助産師さん… すごい誘惑だよ… 嬉しいけどでも事件の香りがするよ…。 
ヤダよ、自分の子供を見ず知らずのババアが「身内です~」とかって見に来てたら…。 


 
01


旦那のコメントも新生児の可愛さもどっちも衝撃的でした。

ムスコとご対面まであと少し。
早く抱っこしたり、ぷるぷるした手を見たいです。